手振りに従うロボット部隊が陸自に登場!? 「数年内に技術的なメド」防衛装備庁で研究進む

【びっくりサイエンス】

 「われに続け」と手を振り上げる陸上自衛隊員の後ろから、ロボット部隊が従っていく-SF小説のような光景が、近未来の自衛隊では当たり前なのかもしれない。鍵を握る技術の一つが、音声やジェスチャーなどでロボットを操作する「ナチュラル・ユーザー・インターフェース」だ。過酷な環境での実用化には困難が伴うが、数年内に技術的メドをつけるべく、防衛省で研究が続けられている。

 「今はまだ、大きく手を前に振る『ついてこい』など数種類のジェスチャーや、『先に行け』『右を向け』といったいくつかの音声を認識できる程度だが、今後はより複雑な動きにも対応していきたい」

 人間とロボットの連携技術を研究している防衛装備庁先進技術推進センター(東京都)の防衛技官は、開発中の小型ロボット車両の前で言葉に力を込めた。

 小型ロボット車両は大きさが子供向けのバギー程度で、戦車のように無限軌道で進む。車体の前面に「3次元ライダー」と呼ばれるセンサーを搭載しているのがポイントだ。

 3次元ライダーはいわばロボットの“目”で、赤外線レーザーを用いて目の前にあるさまざまな対象物との距離を測り、その中から人間の動きだけを切り取って識別する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ