村上春樹さん、今年もノーベル文学賞は難しい? 「女性の扱い」問題か

 2017年10月のノーベル文学賞に選ばれたのは、長崎生まれの英国人作家、カズオ・イシグロさん(63)だった。日本出身の作家としては1968年の川端康成、94年の大江健三郎の両氏に続いて3人目、23年ぶりとなる受賞はテレビでも大きく報じられ、イシグロさんの邦訳8作品は増刷を重ねている。出版界が久々の明るいニュースに沸く中、やはり気になるのはここのところ日本のファンの期待を一身に背負ってきた世界的な人気作家、村上春樹さん(68)の受賞の可能性だ。ノーベル文学賞の選考は言語や国・地域などのバランスを考慮しているともいわれる。ならば、日本にルーツを持つイシグロさんが賞を射止めたことで村上さんの受賞は遠ざかるのか? そもそも村上作品は「ノーベル賞向き」なのか? 専門家に話を聞いて、探ってみた。

■機運はしぼんでいる?

 「村上さんの受賞、難しくなったんじゃないですかね…」

 17年12月15日夜、東京都内で開かれた文学賞「野間文芸賞」の受賞記念パーティー。グラスを傾けて談笑していたある出版社の文芸編集者に村上さんのノーベル文学賞について水を向けると、そんな答えが返ってきた。

 歓談の輪が広がるにぎやかな祝宴会場にいた1時間余り。複数の出版関係者に同じことをそれとなく聞いて回ったが、答えは似たり寄ったり。村上さんのノーベル文学賞受賞に期待する機運は、以前よりもしぼんでいる印象を受けた。

 こうした見方が出てくる要因はやはり、日系英国人作家であるカズオ・イシグロさんの受賞だ。

 日本人の両親のもと長崎で生まれたイシグロさんは父親の仕事の関係で5歳のときに渡英し、後に帰化した。日本を舞台に据えているのは、長編デビュー作「遠い山なみの光」と「浮世の画家」だが、他の作品にも繊細な美意識など日本的な感性を読み取る人は少なくない。

 「イシグロは英語で書く英国の作家だけれど、海外の研究者らの間でも『日本文学の一翼を担っている』と認識され、よく日本との関係で論じられる。半ばは“日本の作家”ともいえます」

 そう話すのは、現代の世界文学事情に詳しい東京大学教授の沼野充義さん(ロシア・ポーランド文学)だ。

 「選考する側のノーベル賞委員会は表立って言いませんけれど、過去の受賞者のリストを見ると受賞者の国や地域の配分を考えているな、というのはうかがえますよね。今回のイシグロの受賞でノーベル文学賞における日本のプレゼンス(存在感)が高まった。同じ国や地域から受賞者を出す場合、少しでも間隔を空けるのが普通ではないかと思います」

 実際、116年にも及ぶ賞の歴史で2年連続で同じ国の書き手が選ばれた例はない、という。

■今回は「日本作家」を意識していた?

 地域バランスから見れば18年の村上さんの受賞は難しい-。「村上春樹はノーベル賞をとれるのか?」(光文社新書)の著者で、文芸評論家の川村湊さんも、そうみている。

 「少なくとも今後2、3年は村上さんの受賞はないのでは…。最近受賞者を出していないイタリアやポルトガルなどにも大物作家はまだいる。そうした存在を差し置いて日本出身の作家が連続して選ばれる、ということは考えにくいからです」

 ただ、川村さんは「これで受賞の目が全くなくなったわけではない」とも話し、こう言葉を継いだ。

 「今回は、選考サイドも3人目となる“日本作家”の受賞者を意識していて、カズオ・イシグロとともに村上春樹さんも最終候補となっていた-というのが私の推測です。地域バランスが考慮されるとはいっても、英仏独などに関しては良い作家がいればその都度与えられている印象がある。今回、村上さんが“惜しくも受賞を逃していた”のであれば、いわゆる『日本枠』とは関係なく、何年後かに晴れて賞を受ける可能性はあります」

■「カフカ賞」受賞で期待ふくらむ

 そもそも村上さんがノーベル賞の有力候補と目される背景には、現代の日本人作家では群を抜く人気と実績がある。

 村上さんの小説は1980年代から海外に紹介され、現在では主要作品が約60もの言語に翻訳されている。2006年にはチェコの文学賞であるフランツ・カフカ賞を受賞。この賞の受賞者が2年連続でノーベル文学賞に輝いていたことから周囲の期待は一気にふくらんだ。ここ数年は欧米のブックメーカー(賭け屋)で人気上位を維持している。

 知名度と実績は十分なだけに、今後の受賞の可能性を左右するのは、ノーベル文学賞が求める「文学性」との相性といえそうだ。

 ノーベル文学賞は、アルフレッド・ノーベルの遺言によって「理想主義的傾向を持つ最も注目すべき作品を創作した者」に贈るとの理念を掲げる。「理想主義的傾向」という言葉の解釈は一様ではないが、優れた文学性が大前提となるのは論をまたない。

■エンタメ性と軽さ、どう評価

 アメリカ文学や国内外の大衆文化に親しんだ村上さんの小説には、伝統的なリアリズムとは一線を画す、都会的な軽妙さがある。また「海辺のカフカ」「1Q84」「騎士団長殺し」といった大長編では、ミステリーやSFの方法論も貪欲に取り込み、読者を豊かで深遠な物語世界へと誘う。

 「どうしても村上さんの作品にはエンターテインメントに過ぎない、という見方がつきまといます」

 川村さんは、世界的ベストセラー作家である村上さんの美質でもある「エンターテインメント性」や「軽さ」を今後の受賞への懸念材料にあげる。実際、作品に十分なエンターテインメント性をも兼ね備えたサマセット・モームやグレアム・グリーンといった大物作家は賞を得ていない。

 「村上さんの作品は、人間存在の不可思議な部分に錘鉛(すいえん)をおろしていくのに、最後はストーリー展開でうまくまとめてしまうようなところがある。真剣なテーマがあるのは分かるのですが、どこかすかしてしまう感じで重みが伝わってこない…。これは私だけの感想ではないはず。ファンはたくさんいるのに、海外できちんとした批評があまりなされていないことも気になります」

 読者をひきつけて止まない流麗な文章、卓越した物語構造を持つがゆえの悩みといえるかもしれない。

■川上未映子さん直撃

 一方で、別の要素を指摘する声もある。

 沼野さんは、文芸誌「文学界」(文芸春秋)11月号に寄せた論考「ヨーロッパの片隅で村上春樹とノーベル賞と世界文学のことを考えた」で、こう記している。

 〈村上春樹についてだが、現在のノーベル賞委員会の倫理観では-これはあくまで私の想像だが-彼の作品が十分理解されているとはいいがたいように思う。特にネックになるのは、セックス描写や女性の扱い方ではないか〉

 そういえば、作家の川上未映子さんも、村上さんへのインタビュー集「みみずくは黄昏に飛びたつ」(新潮社)の中で、直接本人に▽(登場人物の)女性が性的な役割を担わされすぎている▽女性が男性主人公の犠牲になってしまう傾向がある-といった趣旨の質問をぶつけていた。

 「例えば『存在の耐えられない軽さ』で知られるチェコ出身のミラン・クンデラもノーベル賞をとっていていい大物ですが、まだ受賞していないですよね」と沼野さんは言う。

 「クンデラの場合、作品内での女性の描き方、つまり男性中心主義的な描写がフェミニズムの観点から批判を受けることがあって、それも受賞への障害になっているのかもしれない。ノーベル文学賞は、作品にそういうある種の倫理性を求めている気もします」

■来るべき作家にも注目

 国内外の作家や研究者らが日本の現代文学に寄せる関心は強く、評価もおおむね高い。村上さんに続く世代の中でも、▽ベストセラー「博士の愛した数式」などで知られる小川洋子さん(55)▽日独両言語で創作する多和田葉子さん(57)といった女性作家は翻訳作品も多く、今後十分に受賞する可能性がある、と話す研究者もいる。

 ただ、毎年秋に繰り返されるノーベル文学賞をめぐるメディアの“狂騒曲”を「過熱しすぎだ」といさめる声も少なくない。

 「日本ではノーベル文学賞が持ち上げられ過ぎなきらいは確かにあります。何も『世界最高権威』だと考える必要はない」と沼野さんは言う。

 最終的にノーベル文学賞の選考にあたるのは、18人の会員からなるスウェーデン・アカデミー。会員は全員がスウェーデン人で、文化的に共通するものが多い欧州勢が有利だとも言われている。

 そもそも、国籍や言語を限定せず、世界にあまたいる文学者の中から1年に1人だけを選び出すのは至難の業だ。受賞者のリストをながめていると、時代や国境を超えて読み継がれているような大物作家たちが軒並み選にもれているのが分かる。逆に受賞者のなかには、現在では忘れ去られているような書き手もいる。

 川村さんは「存命作家に贈られる賞だけに、タイミングなど運不運が占める要素もかなり大きい。受賞できていない作家の作品が駄目だというわけでは決してないのです。カフカ、ジョイス、プルースト、ボルヘス、ナボコフ…。受賞していないこれらの作家の名だけで豊かな世界文学史が編めるのですから」と話す。

 村上さんや日本人作家だけを注視せず、自分が知らない海外の作家が賞を得たら、その作品を手にとって読んでみる-。自分の中に現在進行形の「世界文学の読書ガイド」を作るような気持ちで、賞を見守るのも一興かもしれない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ