「がんで死亡」本当? 日本が国際基準づくりに取り残される恐れ

 15年前に乳がんになった女性が別のがんになって死亡したら、死因は乳がんか別のがんか。そんな「がんによる死亡」の統計で、日本が“世界標準”から取り残される恐れが出ている。その国のがんの治療水準や罹患(りかん)の傾向などを比較するにはルールやシステムの国際標準化が不可避。専門家は「日本もルール作りに積極的に加わるべきだ」と話す。(社会部 道丸摩耶)

新システムの導入めど立たず

 現在、日本のがん統計は平成28年から始まった「全国がん登録」が中心だ。全国の医療機関でがんと診断された全患者が国のデータベースに登録され、がんの患者数や罹患率が算出される。死亡については、死亡届の死因にがんと書かれていたり、がんの罹患歴があったりした場合に、一定のルールにのっとって、人口動態統計でがんによる死亡と集計される。

 しかし、がんを患っていた患者が感染症にかかって死亡した場合や、いくつものがんにかかった場合、肝炎から肝がんとなり肝不全で死亡した場合など、死亡に関連する多くの死因からひとつの「原死因」を決めるとなると、医師によって判断がバラバラになる可能性がある。そこで一定のルールのもとで「がんによる死亡」を判断するシステムが必要となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ