「未病」の改善で健康寿命延す 関連産業育成も 

 【100歳時代】

 健康寿命を延ばすうえで、病気になる一歩手前の状態である「未病」が注目されている。発病前に対処することで病気を予防しようという考え方だ。神奈川県では黒岩祐治知事が「超高齢社会を乗り越えるキーワード」と位置づけ、未病改善に力を入れている。

 県民が手軽に健康チェックやアドバイスを受けることができる「未病センター」を27カ所(平成29年11月末現在)に開設。国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)が開発した認知症予防の体操「コグニサイズ」の普及や、知識の普及・啓発を担う未病サポーター養成など、賛同する企業・団体とさまざまな取り組みを行っている。

 また、関連産業を育成し経済の活性化を図ることを目的に、「未病産業研究会」を組織し約500社が参加しているほか、未病や先端医療分野のベンチャー企業に出資する10億円規模のファンドも立ち上げた。

 さらに、戦略拠点として県西部の大井町に約60ヘクタールを誇る「BIOTOPIA(ビオトピア)」=イメージ=の建設にも着手し、2021年度以降の全面オープンを目指している。「健康創出型テーマパーク」で、里山体験などの「遊び」▽薬膳カフェといった「食」▽健康関連ベンチャー育成ラボなどの「学」-という3つのテーマを中心に展開するという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ