「家庭画報」1月号、書店で完売続出の事態!付録「紙の将棋盤・駒セット」が中高年マダムにヒット

 創刊60年の老舗婦人誌「家庭画報」(世界文化社)が12月発売の1月号で初めて「将棋」を特集し、初心者向けの紙の将棋盤・駒セットを付録にしたところ、書店で完売が続出するなど売れ行きが好調だという。公式戦最多29連勝を達成した最年少棋士、藤井聡太四段(15)の鮮烈デビューや、「ひふみん」こと加藤一二三(ひふみ)九段(77)のユニークなキャラクターにお茶の間がくぎ付けになった2017年。同誌の主な読者層である、生活にゆとりのある中高年マダムにも、空前の将棋ブームは確実に波及しているようだ。

売り上げ6割増

 「新年に親子で、おじいちゃんおばあちゃんと孫で使ってもらいたいと願い、将棋盤と駒セットを付録にしました」

 秋山和輝編集長はこう狙いを説明する。

 同誌によれば藤井四段が将棋のとりこになったきっかけも、5歳の時に買ってもらったばかりの将棋セットで祖母と対戦し勝った(!)ことなのだそう。将棋盤の付録はもちろん婦人誌初の試みだが、日本将棋連盟監修によるもので、通常の盤の70%のサイズ。「飛車」は縦、横に何マスでも動かせるが「歩兵」は前に1マスしか動けないなど、初心者でも駒の動かし方がわかるよう、駒に赤い矢印が入っているのが特徴だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ