国民栄誉賞 羽生善治棋聖「検討だけでも名誉なこと」 井山裕太十段「身に余る光栄」

 「検討だけでも名誉なこと」「身に余る光栄」-。前人未到の「永世七冠」を達成した将棋の羽生善治棋聖(47)=竜王=と、史上初の2度目の七冠独占を果たした囲碁の井山裕太十段(28)。国民栄誉賞の授与が検討され、実現すれば将棋界、囲碁界ともに初となる2人が13日、それぞれの思いを笑顔で語った。

 黒いスーツにネクタイ姿の羽生氏はこの日、東京都千代田区の日本記者クラブで開かれた永世七冠達成の記者会見に出席。将棋界初の国民栄誉賞授与が検討されていることについて、「検討していただけるだけでも名誉なこと。引き続き棋士として邁進(まいしん)していきたい」と心境を語った。

 国民栄誉賞に関する政府からの連絡は「特にありません」とし、「今まで国民栄誉賞を受賞したのは各界で活躍した人ばかり。非常に驚いたし、家内(理恵夫人)の反応も同じだと思う」とはにかんだ。

 同時に授与が検討されている井山氏については「井山さんは全冠制覇し、まさに記録を塗り替え続けている。隣の世界だが、非常に素晴らしい棋士だと思う」とたたえた。

 また、自身の永世七冠達成について問われると、「30年以上やっている棋士として一つの大きな地点にたどり着くことができた。感慨深く思っている」と、笑顔で話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ