幻の古代生物「ホラアナライオン」 日露協力で生態解明へ

【びっくりサイエンス】

 

 約1万年前に絶滅したライオンの一種である「ホラアナライオン」が、シベリアの凍土の中から冷凍状態で相次ぎ見つかっている。古代生物といえばマンモスが有名だが、草食動物に比べて肉食動物はもともと数が少ないなどの理由で発見例は乏しく、「幻の古代生物」とも言われてきた。それが2015~17年の間に3頭も発見され、日露共同で解析が進んでおり、今後の成果への期待が高まっている。

 ホラアナライオンは文字通り洞穴にすんでいたと考えられ、シベリアの大地でマンモスの子供などを襲って食べていたとみられる。アフリカにいる現在のライオンと比べて体毛が多いのに対し、雄の特徴であるたてがみはなかったようだ。成長すると現生ライオンよりも大きかった可能性があるが、これまでに発見されていたのは僅かな骨格や足跡の化石くらいで、生態はほとんど分かっていなかった。

 ところが15年夏、ロシアの東シベリア・サハ共和国にある凍土の中から、兄弟とみられる子供2頭が冷凍状態で発見された。うち1頭は特に保存状態が良く、しま模様の体毛に覆われて眠るような表情をしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ