“平和の祭典”テロ対策に県民協力必須 「安全な社会、レガシーに」斉藤実神奈川県警本部長に聞く

 2020年東京五輪では、横浜スタジアムを含めて県内3会場で競技が実施される。世界各国から多くの観客が集まることが予想されるなか、警備やテロ警戒の中心となる県警の斉藤実本部長に、対策の現状や今後への課題を聞いた。(聞き手 中村翔樹)

 --横浜スタジアムの五輪期間中の警備について、現時点での想定は

 球場内にも警察官は置くが、基本的には周囲の公共空間の安全確保が県警の仕事になる。野球はダブルヘッダー(1日2試合開催)の日があるとみられ、1試合ごとに観客が入れ替わるため、交通整理を徹底しないといけない。県警交通部では現在、付近の交通量の確認などを進めている。

 入退場口、選手やVIPの動線、車寄せの場所などがどこに何カ所設けられるかによって警察官の配置はかわってくる。現段階では未定のため、大会組織委員会などの動向を注視している。

 --2002年日韓サッカーワールドカップ(W杯)で警備経験がある

 当時は警察庁警備課におり、北海道、宮城、埼玉の3会場について、警備計画の立案に関わった。サッカーはフーリガン(暴徒化したファン集団)対策として、対戦国のファン同士の動線が交わらないよう、スタジアム内に柵を設けるなどした。野球やソフトボールの観客向けに同様の対応は不要とみているが、警備が非常に難しいことにかわりはない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ