ゾウムシの体が黒くて硬い理由 産総研が謎を解明、害虫駆除に応用も

 【びっくりサイエンス】

 頭部がゾウの鼻のように長いゾウムシという昆虫に隠されていた謎が明らかになった。沖縄県に生息する「クロカタゾウムシ」の体が黒くて硬いのは、体内に共生している細菌のおかげであることを、産業技術総合研究所などの研究チームが突き止めた。ゾウムシ類の多くは農作物の害虫で、共生細菌の機能を抑制すれば新たな駆除方法を開発できる可能性がある。

 クロカタゾウムシは体長1・5センチの甲虫で、沖縄・八重山諸島に生息している。マンゴー畑で木の幹や根を食い荒らした被害の報告がある害虫という。

 甲虫は外敵や乾燥から身を守るため体の表面が硬い「外骨格」で覆われている。クロカタゾウムシの外骨格はカブトムシやクワガタよりもはるかに硬く、標本を作製する際も簡単に虫ピンが刺さらないほどだ。

 ゾウムシ類は世界で6万種以上が発見されている。体内に「ナルドネラ」という細菌が1億年以上前からすんでおり、共生関係を続けてきたとみられているが、その役割はこれまで謎だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ