救助犬の「やる気」「発見した喜び」をAIが推定 東北大などがスーツ開発

【びっくりサイエンス】

 「本当にこの下に被災者がいるのか。信頼性はどのくらいか」。がれきなどに埋もれた被災者の位置を特定するには人よりはるかに嗅覚や聴覚に優れる救助犬の助けが欠かせないが、人と会話できないためにその確度が分からず、ときには、もどかしさが救助隊の士気にも影響する。活動中の救助犬の「やる気」を高い確度で知る技術の開発に東北大、麻布大などのチームが成功した。

 犬も人間と同じ生き物であり、ときによって集中度が途切れたり、疲れたりする。発見して本気でほえていると分かれば救助隊のやる気も増すし、集中力が低下していれば適度に休憩させたりすることも犬のために必要だ。

 開発を主導した大野和則・東北大准教授(ロボット工学)によると、一般に災害救助犬は約10分探査すれば次の犬と交代するようなルーチンで活動しているが、天候やがれきの状態なども変わるため、早く休ませてコンディションを回復させるなど適切な運用をすれば次の探査の信頼性が上がる。東日本大震災の救助では、無理をさせたがために優れた嗅覚を失った救助犬もいるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ