GM蚕が作った緑色の蛍光繭を出荷 量産は世界初、新たな需要創出を期待

 衰退する蚕糸業の再興を目指して、群馬県などが遺伝子組み換えカイコ(GM蚕)の研究を進める中、前橋市内の養蚕農家が飼育するGM蚕が作った緑色の蛍光繭が1日、出荷された。長野県岡谷市の製糸会社で生糸にされた後、京都市の織物会社がインテリアなどでの活用を検討する。一般農家が飼育したGM蚕による緑色の蛍光繭の量産は世界初で、新たな需要創出が期待される。

 GM蚕の飼育は、生物多様性確保の観点から「カルタヘナ法」で規制されているが、県蚕糸技術センター(前橋市)と農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)が緑色の蛍光繭を作るGM蚕を一般農家でも飼育できるよう農林水産省と環境省に申請。9月下旬に承認を受けた。

 同センターで卵から孵(ふか)させたGM蚕12万匹を人工飼料で3齢まで育て、3齢後半以降は前橋市内の農家で10月5日から飼育。温湿度管理を徹底したほか、天然種との交配を防ぐため蚕室の窓に網を張るなどして、約170キロ分の繭の出荷にこぎ着けた。

 繭は肉眼で見ると薄緑色で、青色の光を当てオレンジのアクリル板を通すと、より光ってみえる。

 同センターは「先進技術を取り入れることで農家の収入増につなげ、蚕糸業の魅力を高めたい」としている。青やオレンジの蛍光繭を作るGM蚕の飼育実験も進めており、同研究機構も「市場には輸入シルクがあり、単純な価格競争や品質競争は難しいので、新たな形で蚕糸業が発展すれば」と期待している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ