「ニホンカワウソが生き残っていた可能性は低い」対馬のカワウソ、韓国やサハリンと近縁 環境省

 環境省は12日、国内で38年ぶりにカワウソが確認された長崎県・対馬で8~9月に本格調査して採取したふんから、雄のユーラシアカワウソのDNAを改めて検出したと発表した。7月の前回調査でも見つかっていた。解析の結果、韓国やロシア・サハリンのカワウソと近縁であることが明確になったとしている。

 調査チームの佐々木浩・筑紫女学園大教授(動物生態学)は環境省で記者会見し「ニホンカワウソが生き残っていた可能性は低い。海流に流されてやってきたのかもしれない」と指摘。川岸で足跡も見つかり、環境省は「対馬で少数の個体が生息していることが確認できた」とした。

 一方、前回調査で雄と雌がいる可能性があるとしていたが「複数の個体がいるかどうかよく分からない」と修正した。雌のものとみていたふんが、その後の分析で性別不明と判定されたという。対馬のカワウソは、琉球大のチームが設置したカメラが2月に1匹を捉え、7月に環境省が緊急調査。さらに8~9月に本格調査していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ