漢文の聖書初版、京都・円光寺で見つかる 幕末、研究に入手か

 1855年に香港で発行された漢文の聖書「代表訳本(だいひょうやくほん)」が、京都市左京区の真宗大谷派・円光寺で見つかった。幕末・明治期に同寺の12代住職で同派の学僧だった樋口龍温(りゅうおん、1800~85年)が、キリスト教研究のために入手したとみられる。旧約と新約が1つにとじられているが、旧約部分は初版本にあたり、専門家は「初版本は世界でもわずかしか現存していない。貴重な1冊」と話している。

 見つかった聖書は縦20センチ、横13センチ、厚さ9センチ。旧約(3冊分)、新約(1冊分)が合冊され、革表紙が施されている。4冊それぞれの表紙に、清時代の元号で1855年を指す「咸豊(かんぽう)五年」や、「香港英華書院印刷」と印字されており、当時、香港で出版されたと判明した。

 代表訳本は、中国で布教していた英国人らを中心とするプロテスタント教団の代表者たちが、それまでの漢文聖書の不正確な訳語などを大規模に改訂し、翻訳・発行したもの。香港では54年に新約、55年に旧約の出版が開始。「God」を「神」ではなく、中国の古代信仰の神にあたる「上帝」と訳すなどしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ