「川端康成氏と大江健三郎氏と同じ歩みの中にいることに感謝」イシグロ氏の2回の会見要旨

 カズオ・イシグロ氏が5日行った2回の記者会見の要旨は次の通り。

 ▽1回目

 もう少しきちんとした格好で出てきたかった。信じられない出来事だ。予想していなかった。本当に世界が不安定な状況で、さまざまな課題がある中、このような素晴らしい受賞で小さい形でも平和に貢献できればうれしいと思う。

 台所に座っていてメールを書いていたら、電話があった。(受賞を知り)冗談かと思った。フェイクニュース(偽のニュース)がはやっているので確認してくれと言った。通常は本人に直接連絡があるはずだからおかしいと思った。英BBC放送から連絡があったところで、本当なんだと思った。

 その後、選考委員会から連絡があった。「賞を受けてもらえますか」と聞かれたので「もちろんです」と答えた。驚いたのはパーティーに招待するかのような気軽な感じだったことだ。「忙しいと思うが、授賞式に来てもらえますか」という感じだった。他の予定はキャンセルして出席すると答えた。

 私は英国育ちではあるが、私の物の見方、世界観、芸術的な感性には日本が影響している。親は日本人で、親は家で日本語を話していた。私の一部はいつも日本人だと思っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ