「ムクドリ1万羽vs鷹匠のタカ」 市街地で騒音・ふん害多発、掃作戦の効果は?

【関西の議論】

 三重県四日市市の中心市街地の街路樹などに約1万羽のムクドリがすみ着き、鳴き声による騒音被害やふん害が多発し、付近の住民から多くの苦情が市に寄せられている。このため市は今年夏から、鷹匠(たかじょう)が操るタカを使ったムクドリの一掃作戦を始めた。タカを放つとムクドリが驚いて逃げる。これを何日かにわたって繰り返し、ムクドリにこの一帯を“危険地帯”だと認識させ、完全に追い払う作戦だ。果たして効果のほどは?(絹田信幸)

 市役所前は減ったが

 9月中旬の四日市市役所前の中央通り周辺。夕暮れどきになると、ムクドリが街路樹やビルの屋上にずらりと並んでとまり、鳴き声をあげていた。

 そこへ市から委託された鷹匠3人が2羽のタカをゲージから出し、タカを放つと、ムクドリは一斉に飛び立ち、やがて姿を消した。“役目”を終えたタカはすぐに鷹匠のもとに帰ってきた。

 8月まで騒がしかったムクドリも、放鷹(ほうよう)を始めてから市役所周辺では数が減ってきた。ところが今度は、市役所から約500メートル離れた近鉄四日市駅西側の街路樹などを新たな“ネグラ”にし始めたという。

 そこで鷹匠らはその場所にも出向き、電線やクスノキに群がるムクドリめがけてタカを放った。驚いたムクドリはここでもちりぢりになった。

次ページムクドリは約10年前から四日市市の市街地で目立つようになり…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ