ガンダムファン注目、来年発売予定のAI搭載ロボット「ハロ」 会話以外の機能も搭載

 バンダイは10月2日、AI(人工知能)搭載の対話型ロボット「ガンシェルジュ ハロ」を、幕張メッセで開催する「CEATEC JAPAN 2017」(10月3日~6日開催、2日はプレスデー)でお披露目した。アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するペットロボットを再現した。バンダイナムコグループが取り組む「BN・Bot PROJECT」の第1弾として2018年に発売する予定だ。価格は未定。

AI(人工知能)搭載の対話型ロボット「ガンシェルジュ ハロ」

AI(人工知能)搭載の対話型ロボット「ガンシェルジュ ハロ」

 ガンシェルジュ ハロは、ユーザーに質問したり、うんちくを語り合ったり、クイズを出してくれたりするコミュニケーションロボット。ユーザーの発言を音声認識し、AIで意味と意図を分析。データーベースからふさわしい会話を選び、応答する。ガンシェルジュは、ガンダムとコンシェルジュを組み合わせた造語という

 バンダイの担当者は「ユーザーが話した内容をデータとしてサーバに蓄積することで、会話のバリエーションを増やしていく。現段階ではどれくらいの単語を話せるかなどはお答えできません」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ