「東京ゲームショウ2017」が開幕 国内企業の出展最多、VR・ARに熱視線

 国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」(千葉・幕張メッセ)が9月21日に開幕した。「さあ、現実を超えた体験へ。」をテーマに掲げる今年は、VR(仮想現実)に加え、AR(拡張現実)、MR(複合現実)関連の出展にも注目が集まる。出展社数は609企業・団体(昨年は614)で、国内企業の出展は292社と過去最多。

ソニーは「PlayStation VR」を出展

ソニーは「PlayStation VR」を出展

 出展タイトル数は1317で、そのうちVR分野が117を占める。ソニーは昨年に引き続き「PlayStation VR」のゲームソフトを遊べるブースを出展。「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」(米国などで11月発売)や「グランツーリスモSPORT」(日本で10月発売)などの新作を披露している。コナミデジタルエンタテインメントは、今冬リリース予定のスマートフォンゲーム「ラブプラスEVERY」のVR体験イベントを行うなど、各社がVRコンテンツを用意している。

「ラブプラスEVERY」のVR体験ブースには、開場と同時に長蛇の列ができた

「ラブプラスEVERY」のVR体験ブースには、開場と同時に長蛇の列ができた

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ