羽生善治三冠、“生涯勝率”に現れる無双の強さ 同世代のライバルと一線画す驚異の成績

 【勝負師たちの系譜】羽生善治三冠

 歴代の棋士でタイトルを独占したことがあるのは、三冠時代の升田幸三実力制第四代名人(1957)、五冠時代の大山康晴十五世名人(62)、そして七冠時代の羽生善治現三冠(96)の、3人だけである。

 いつの時代でも独占というのは、本人が強いだけでなく、周りの棋士から「あの人にはとても勝てそうにない」と、最初から勝負を諦めさせる凄みが必要だ。特に大山と羽生にはそれがあった。

 羽生のタイトル獲得数は、今年の棋聖位防衛で98。現在戦っている王位戦、秋から始まる王座戦を防衛すると、一気に100の大台に乗るのだ。

 これは時代が違うとはいえ、大山の80、中原誠十六世名人の64を抜き、第1位。現役では谷川浩司九段の27が次だから、いかに羽生が抜けているかがお分かりだろう。

 羽生の同年代にも当然、素晴らしい才能の持ち主はいる。森内俊之九段は名人戦で、3年連続羽生を破ったし、佐藤康光九段や後輩の渡辺明竜王は、竜王戦でしっかり羽生を退けている。

 にもかかわらず羽生がこれだけ他の棋士と成績が違う理由は、まず生涯勝率の差が挙げられる。

 優秀な若手棋士は長嶋茂雄巨人終身名誉監督の言う「ロケットスタート」よろしく、勝率8割くらいからスタートするが、上位の棋士と当たるようになると、自然に勝率が下がってくる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ