野菜の鮮度を何カ月も保つ! 日本人が開発したノーベル賞級の「多孔性金属錯体」 世界が注目する驚きの性質とは

【びっくりサイエンス】

 日本人が生み出したノーベル賞級の成果を応用し、野菜や果物を新鮮なまま何カ月も保存したり、ガスを臓器に運んで病気を治療したりといった革新的な技術が次々と登場している。鍵を握るのは「多孔性金属錯体(PCP)」と呼ばれる材料だ。実用化は欧米が先行しているが、日本も京都大発のベンチャー企業を中心に追い上げている。

■2万3千種類のジャングルジム構造

 PCPは「多孔性材料」の一つで、1997年に発表した京都大の北川進特別教授はノーベル賞の有力候補に挙げられている。北川氏にやや遅れて開発に成功した米国の科学者が命名した「無機-有機骨格体(MOF)」とも呼ばれる。

 多孔性材料とは、文字通り多数の穴(孔)が空いている材料のこと。穴のサイズは分子レベルで非常に小さく、活性炭やゼオライトなどが知られる。活性炭は、においの元になる気体の分子を小さな穴で無数に捕捉することで消臭効果をもたらす。ゼオライトも似たような仕組みで、工場でのガス分離などに使われる。

 PCPは金属イオンや有機物などから作られており、構造はジャングルジムのようなイメージで、無数に張り巡らされた骨組みの隙間に気体などの分子を取り込むことができる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ