「チューブロック」で尼崎城復元 玩具メーカーが作品寄贈

 来秋の完成を目指して工事が進む尼崎城(兵庫県尼崎市)の復元プロジェクトを盛り上げようと、同市内に本社があるブロック玩具メーカー「チューブロック」が、パイプ状のブロックで尼崎城を作って市に寄贈した。約10万個のブロックを使用し、高さ約1・2メートル、幅約1・7メートルの約20分の1サイズ。7月から市民らの手を借りて完成させた。

 同社は配管部品メーカーのベンカングループが新規事業として、昨年8月に工場がある同市で誕生させた玩具メーカー。プラスチックで作った約110種類の配管の接続部分を模したブロックを組み合わせる玩具を製造、販売している。

 市役所1階のロビーで7日に行われた最終の組み立て作業には、稲村和美市長も参加。屋根の一部となるパーツを手に組み立てに参加したが、取り付けに苦戦。「めっちゃ難しい」と悔しげな表情を浮かべながら、うまくシャチホコを取り付け、喜んだ。

 稲村市長は「これからも市内の企業にも応援してもらいながら、みんなの尼崎城を作っていきたい」と満足そう。ブロックで作った尼崎城は今月下旬まで市役所で楽しめるほか、今後、市内の商業施設などでの展示も予定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ