投じた金3千万円、5年失踪…底なしギャンブル依存経験者が語る“教訓” カジノ時代に備える

 「『ネット依存』『スマホ依存』と何でも病気にしている。遊びから学ぶのは昔から言われている。失敗したから遊びをなくせというのは、人生の醍醐味を失う。一律にこうすればよくなるというのは危うい」。中村さんはこう訴えている。

 ◇ 

 調査や研究活動を含めてIR誘致の動きがある自治体は、少なくとも8自治体に上る。

 東京都はこれまで、国会の動向を注視しながら海外の先行事例やギャンブル依存症対策などを研究してきたが、正式に誘致を表明したことはなく、小池百合子知事は慎重姿勢を崩していない。

 横浜市も経済団体は前のめりだが、市は研究活動にとどまっており「誘致を表明したことはない」と牽制。これに対し、大阪府は「IR推進局」を府に設置し、大阪市の人工島・夢洲に誘致を目指して官民一体で活動している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ