秋田県豪雨 浸水被害の把握急ぐ

 活発な前線の影響で記録的な大雨に見舞われた秋田県は24日、被害状況の本格的な調査に乗り出した。河川の氾濫や道路の冠水などによる住宅への浸水は、広範囲で発生したため全容が分かっておらず、棟数などの把握を急ぐ方針。

 これまでの国土交通省や県の調べでは、少なくとも7河川で一時、氾濫危険水位を超え、大仙市の雄物川上流や福部内川、由利本荘市の芋川が氾濫した。土砂崩れが相次いだほか、道路の寸断で世帯の孤立も起きた。

 秋田県では22日から23日にかけて大雨となり、秋田市雄和や横手市など複数の地点で、降り始めからの雨量が300ミリを超えた。

 気象庁によると、前線は停滞し、25日にかけても北陸と東北で断続的に雷を伴った激しい雨が降る見通し。25日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで新潟150ミリ、東北南部120ミリ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ