乳児にはちみつを与えてはいけない新常識に高齢者驚愕

 今回の事件が起きてしまったことに「非常識だ」と驚いているのは現役のパパ・ママたち。

 「1才未満の子にはちみつをあげてはいけないのは常識だと思っていました」(35才・会社員)

 「はちみつはダメ。病院でそう教わりましたよ」(32才・主婦)

 その一方で、もっとびっくりし、戸惑いを隠せないのは、祖父母世代だ。

 「はちみつがダメなんて…。それどころか、赤ちゃんの肌が乾燥しているときにははちみつを塗ってあげていました…それも危険なのかしら?」(76才・主婦)

 「私が子育てをしている時には、はちみつがあまりなかったので、この知識は初耳でした。知らないって怖いです」(68才・パート)

 今回の事件は、子供と食に関する知識について、こうした世代間ギャップが大きいということが浮き彫りになった。

 小児科専門医なごみクリニックの院長である武井智昭さんは、命にかかわる食べ物に関する知識は、常に見直すべきだと話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ