カワサキの「Z1100GP」など希少価値高い絶版車も 国税庁実施のネット公売

 国税庁が5月に実施するインターネット公売に、税金の滞納者から差し押さえたオートバイ22台が出品される。ほとんどが絶版車で希少価値が高いものも。国税庁の担当者は「これだけの数のオートバイがまとめて出品されるのは初めてではないか」と話している。

 最低入札価格が180万円で最も高いのは絶版車のカワサキの「Z1100GP」。外装やマフラーなどがカスタマイズされ、走行距離は204キロ。また、イタリアのメーカー、ドゥカティが2千台だけ販売した限定車「PS1000LE」は走行距離が894キロで、最低入札価格は90万円。

 いずれも関東信越国税局(さいたま市)が差し押さえたという。

 公売はヤフーの官公庁オークションサイトで実施される。参加申し込みは今月27日~5月10日、入札期間は5月19~22日。詳細は4月21日から国税庁の公売情報ホームページ(http://www.koubai.nta.go.jp/)で確認できる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧