鉄道の力 阪神ファンを「神業」輸送…阪神電車の配慮と工夫

 関西の私鉄はそれぞれが独自のカラーを誇っている。例えば、細やかな気配りやサービス、鉄道事業者なのに鉄道に頼らない経営方針…。長い年月をかけて培われた底力がそれぞれの強みを生み出している。

 プロ野球の阪神と巨人の試合が行われた4月8日の甲子園球場(兵庫県西宮市)のスタンド席への出入り口に、甲子園駅長、藤森義一さん(49)の姿があった。球場全体を見渡し、「外野席」「内野席一塁側・三塁側」などと記された手元の紙に、目視で数字を書き込んでいく。

 プロ野球のシーズン中、試合開始前のスタンドに足を運ぶのは藤森さんの日課だ。甲子園駅長には、試合開催日に、駅近くに待機している電車を臨時特急としていつ運行するか、という特別な権限が与えられている。

 営業キロ50キロ足らずの阪神電車にとって、ほぼ甲子園球場を埋める阪神ファンの輸送は“命綱”だ。臨時特急をタイミングよく運行するためには、試合の流れや観客の動きを把握する必要がある。藤森さんは言う。

 「試合開始前には必ず球場に足を運んで目視で観客数を確認します。前売りと当日の入場者数ではどうしても差が出るからです」

 目視の後はすぐに駅に戻り、テレビで戦況を見守る。机の上には、碁盤目に赤や黒の斜め線が引かれ、網の目を通すように何本もの茶色の線が書かれているダイヤの紙。大差がついていれば午後9時台から、阪神が勝てば遅めの時間帯を想定し、指令(大阪市)に臨時特急の運行を伝える。運行数は最大約10本になるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧