【教えて!goo】活況を見せるシニア婚活、性や相続でトラブルも…

 一昔前に比べ、高齢者の婚活が活況であるという。そういわれると最近の高齢者は高齢者とは思えないほど若々しかったり、元気である。確かに恋愛を楽しんでいてもおかしくない。そこで高齢者の婚活事情を知るべく、東京、銀座の結婚相談所、株式会社B ゼルムの婚活アドバイザー、立花さんに話を聞くことにした。その結果、シニア婚活が盛況である一方で、シニアゆえの性や相続に関するトラブル、重視される入籍希望時期などが浮き彫りになったので詳しく紹介したいと思う。

 ■活発なシニア婚活

 まずは、シニア世代の婚活の増加傾向がどのようなものなのか伺ってみた。

「以前の結婚相談所は、30代40代が多く利用するものだと考えられていました。実際、登録者数はその世代が今も一番多いのですが、最近はシニア世代の利用が急増しており、高齢化に伴い今後も増加するでしょう」(立花さん)

 それにしてもなぜそんなにシニアの婚活が増えたのだろうか。

「まず、熟年離婚が増えたことが大きいでしょうね。平成19年から年金分割制度が始まりましたが、離婚後の生活が不安という理由から離婚に踏み切れなかった妻たちが、この制度のおかげで夫の年金を分割してもらえるようになり、それが離婚を後押しする形となりました。次に、晩婚化が進み50代以上のシングルが増えたことも挙げられます。今のシニア世代は一昔前に比べたら本当に見た目も中身も若くて元気です。平均寿命が昔に比べ長くなった分、二度目の青春、人生の総仕上げの時期を豊かな気持ちで過ごしたいと考える人が増えたのだと思います」(立花さん)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧