陸自大型輸送ヘリからVIP用特別ヘリまで…木更津駐屯地で航空祭

【カメラを持って出かけよう!】

EC225LP特別輸送ヘリコプター=2月25日、千葉県木更津市

EC225LP特別輸送ヘリコプター=2月25日、千葉県木更津市

 千葉県木更津市の陸上自衛隊木更津駐屯地で2月25日、第44回木更津航空祭が開催された。駐屯地創立48周年記念行事も合わせて行われ、多くの来場者で賑わった。東京湾に面した木更津駐屯地は、陸上自衛隊第1ヘリコプター団の拠点として知られる。また、米海兵隊MV22オスプレイの定期整備拠点としての役割も担う。(文・写真 イザ編集部 長谷川悠人)

 午前10時過ぎ、編隊飛行を行うヘリが次々と離陸。その後、オープニングセレモニー、音楽隊演奏、太鼓演奏、ラッパ吹奏などが行われた。同11時半ごろ、いよいよメーンイベントがスタート。ヘリ編隊が飛来し、会場上空を次々と通過した。

続々と離陸していくヘリコプター編隊=2月25日、千葉県木更津市

続々と離陸していくヘリコプター編隊=2月25日、千葉県木更津市

会場上空を飛行するEC225LP特別輸送ヘリコプター=2月25日、千葉県木更津市

会場上空を飛行するEC225LP特別輸送ヘリコプター=2月25日、千葉県木更津市

 続いて訓練展示が始まり、対戦車ヘリ「AH1S」(通称コブラ)が登場。「AH1S」は、陸上自衛隊初の対戦車ヘリとして活躍し、30年以上のキャリアを誇るベテラン機だ。

AH1S対戦車ヘリコプター=2月25日、千葉県木更津市

AH1S対戦車ヘリコプター=2月25日、千葉県木更津市

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧