都内で鹿児島グルメフェア 黒さつま鶏でオリジナルメニュー

 鹿児島市の魅力をPRするかごしま親善大使の札元恵梨香さんが1日、東京都千代田区の産経デジタルを訪れ都内で開催中のグルメイベントへの参加を呼びかけた。

 東京ガーデンテラス紀尾井町(千代田区)では、鹿児島市で先月行われた「世界一桜島大根コンテスト」で優勝した巨大な桜島大根が3日まで展示される。5日には恵比寿ガーデンプレイス(渋谷区)で地元の特産品が販売される予定。また赤坂、神楽坂などのレストラン6店で、黒さつま鶏や桜島かんぱちといった地元食材を使ったオリジナルメニューを提供する「食の都かごしま」フェアが3月3日まで行われる。

 札元さんは13キログラムもある桜島大根を抱え「桜島大根は今が旬。グルメを味わい、鹿児島に遊びに来ていただければ」と笑顔で話した。

 2018年のNHK大河ドラマに郷土の偉人、西郷隆盛を主人公にした「西郷(せご)どん」が決まり鹿児島市は観光PRに注力。大河ドラマの舞台を紹介する施設の来場者数では、鹿児島市に設置された「篤姫」(08年)のドラマ館が約67万人で最多だったが、昨年、長野県上田市の「真田丸」ドラマ館が100万人を突破し記録を大きく塗り替えた。鹿児島市の職員は「『西郷どん』でも100万人超えを」と早くも意気込んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧