ニタマ駅長が招き猫に 南高梅の商品PR 和歌山・紀の川

 和歌山電鉄の貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)で10日、県特産の南高梅の商品発表会と展示即売会が行われ、同駅長の三毛猫「ニタマ」が商品のPRに一役買った。ニタマは商品を購入した客と記念撮影するなど、しっかりと「招き猫」の役割を果たしていた。

 同電鉄は6月に南高梅をイメージした赤を基調とする「うめ星電車」がデビューし、南高梅のPRに取り組んでおり、今回のイベントも「南高梅の世界ブランド計画」の一環として実施された。

 発表会で登場した商品は、田辺市やみなべ町などの県内産の南高梅の梅干しや干し梅、焼き菓子など9社計13品。パッケージには、たま名誉永久駅長とニタマがデザインされた。

 この日は、同駅ホームの「たま神社」に同電鉄の小嶋光信社長とニタマが南高梅の商品を奉納。その後、小嶋社長が「世界を代表する南高梅を応援したい。ニタマちゃんも『おいしそうだニャー』と喜んでいます」などとあいさつした後、即売会がスタートした。商品購入者はニタマと記念撮影できる“特典”もあり、商品を買い求める客らでにぎわいをみせた。

 商品を購入した神戸市中央区の主婦、吉田房子さん(66)は「ニタマに会いに来たが、記念撮影までできるなんて。ラッキーでした」と喜んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ