琵琶湖の名所から大量のハスが消えた… さまざまな憶測、一体何が起きたのか

【関西の議論】

 国内最大級のハス群生地として知られる滋賀県草津市の琵琶湖岸にある烏丸(からすま)半島。例年、夏のシーズンにはハスの葉が湖面を埋め尽くし大勢の見物客でにぎわうが、今年はそのハスの名所からハスが消えてしまった。突然変異か、環境の変化が原因なのか…。観光面での影響も大きいとあって県などが詳しく調査したところ、意外な事実が分かった。長年にわたって群生したハス自身が成育に適さない条件を作り出していたのだ。ハスがハスを消す-。一体何が起きているのか。(北野裕子)

 甲子園球場約10倍のハス消失

 ハス群生地は、本来なら6月下旬には一面が緑色の葉に覆われ、ピンク色の花が咲き始める。広さは約13ヘクタール、甲子園球場のグラウンドの約10倍だ。ところが、今年は水面にほとんど葉が出てこず、草津市公園緑地課は「20年以上観察しているが、経験したことがない」と話す。

 観光資源であるハスの消失が、地元に与えた影響は大きかった。開花時期の7、8月に熱気球に乗り、空からハスを楽しむ観光フライトの搭乗者数は、昨年度が1日平均266人だったのに対し、今年は129人。小型のモーターボートに乗ってハスの中を進むハスクルージングは、昨シーズンまで千人を超す利用があった。今シーズンも千人以上の予約があったが、キャンセルが続出。最終的に40人程度まで激減した。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧