ボブ・ディラン氏ノーベル賞に割れる賛否「まずい発想の懐古賞」「芸術垣根取り払う」

 米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏(75)へのノーベル文学賞授賞が論議を呼んでいる。歌手で初となる栄誉に祝福の輪が広がる中、本業の作家からはスウェーデン・アカデミーの選考への批判も噴出。反戦や反体制といった強いメッセージ性の裏にある「文学性」の真価に注目が集まる。

 「まずい発想の懐古賞」。賞が発表された13日、「トレインスポッティング」で知られる英作家、アービン・ウェルシュ氏は音楽家に贈賞する決定をツイートで痛烈に批判した。一方、有力候補と目されてきた米作家のジョイス・キャロル・オーツ氏は「彼の音楽と歌詞は常に最も深い意味で『文学的』だと感じられた」と称賛のツイートを投稿。「文学」の枠を広げる選考をめぐり賛否は割れている。

 国内の米文学研究者は歓迎ムードだ。

 「ディランの歌詞は30年以上前からアカデミズムの場で『詩』として研究されてきた。文学賞でも矛盾はない」と話すのは慶応大の巽孝之教授。〈どれだけたくさんの道を歩き回れば 人は一人前だと呼ばれるようになるのだろう?〉〈どれだけ大砲の弾が撃たれれば もう二度と撃たれないよう禁止されることになるのだろう?〉-。公民権運動やベトナム戦争を背景に若い世代に支持された代表曲「風に吹かれて」(1963年)のそんな一節に、巽教授は文学性をみる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ