和歌山で空き家めぐり相次ぐ苦情 「スズメバチが危険」「トタン屋根が飛んだ」

 また、空き家を県外からの移住者促進に活用するための取り組みも進められており、昨年、空き家情報などを案内するウェブサイト「わかやま空き家バンク」を開設。空き家のある地域や広さ、築年数といった情報を紹介している。

 さらに、仁坂吉伸知事が今月発表した平成29年度の新政策と予算編成の方針でも、県内の不動産業者を対象に専門家が空き家の売買や賃貸のノウハウを伝えるセミナーの実施を検討していることなどが盛り込まれており、29年度以降も空き家対策を県の重点施策として位置づけることが示された。

 県建築住宅課の担当者は「使用が難しい空き家は撤去を進め、まだまだ使用できる空き家は活用し、市町村と連携して空き家問題を解消していきたい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ