ボブ・ディランにノーベル賞 時代の先歩む巨人 音楽に知性吹き込む

 デビューから半世紀余り。時代の半歩先を常に歩んできた。現在のポピュラー音楽を形作った功績を考えれば、ノーベル文学賞も通過点の一つにすぎない。

 フォーク、ロック、ブルースなどあらゆるジャンルの音楽に怒りや悲しみ、深い愛を込めたメッセージ性の強い言葉を乗せるスタイルを確立。その歌詞は「古典文学や詩文が持つ知性」の息吹を音楽に吹き込んだと高く評価された。

 ベトナム戦争、公民権運動で米国社会が大きく揺れ動いた1960年代。「敗者がいずれ勝つこともある 時代は変わっていくのだ」「どれだけ多くの人が死ななければならないのか 無益な死と知るために」と歌い、若者や弱者を中心に圧倒的な支持を得た。

 「歌詞を書かねばならないと思ったのは、私の言いたかったことを誰も書いていなかったから」と後に語っている。ビートルズやブルース・スプリングスティーン、U2といった幅広い世代の音楽界の大物に影響を与え続けた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ