【デキる人の健康学】夕食が睡眠の質を決めている 日本食がオススメ

 昔から睡眠時間と寿命が関連していることが知られている。1980年代にアメリカで100万人以上を対象ににした調査研究でカリフォルニア大学のダニエル・クリプペ博士は1日に6.5~7.5時間の睡眠を取っている人が最も死亡率が低く、それ以下でもそれ以上でも死亡率が上昇することを明らかとした。

 日本の調査研究でも40?79歳の男女約10万人を10年以上に渡って追跡調査した結果、日本人の平均睡眠時間は男性7.5時間、女性7.1時間で、死亡率が最も低かったのは、男女ともに7時間の睡眠を取っている人であることが報告されている。

 しかしながら、睡眠時間が十分に確保されても質の悪い睡眠だったら健康効果は期待できない。個人的経験からも夕食の内容がその日の睡眠の質に影響を与えることは感じていたが、夕食と睡眠の関係に関してはこれまでは詳細には研究されていなかった。

 そんな中、米国コロンビア大学の医療センターのマリー・ピエール・オンジュ博士らの研究グループは夕食の食物繊維、飽和脂肪酸と糖質の量が睡眠の質に影響を及ぼしていると報告し話題を呼んでいる。

 研究チームは平均年齢35歳で標準体重を保っている成人男女26人を対象に糖質、脂肪酸、食物繊維などの栄養素が管理された食事を4日間摂取させた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧