群馬・前橋の「T-1グランプリ」が4月10日に頂上決戦 上州麦豚を全国にアピールできるか

 【ローカルプレミアム】

 豚肉の産地として全国有数の群馬県。その県都・前橋市で、市内の飲食店が豚肉料理ナンバーワンを決める「第7回T-1グランプリ」(実行委主催)の入賞店6店が決まった。参加67店から頂点を目指し、4月10日開催の「中心商店街ツナガリズム祭り」の場で、グランプリに輝く店が発表される。(前橋支局 久保まりな)

 T-1は、「豚(トン)」から取ったネーミングで、PRには、昨年の「ゆるキャラグランプリ」総合29位の前橋のマスコットキャラクター、「ころとん」が起用されている。

 T-1グランプリは1月7~2月28日まで、覆面審査と一般投票が行われた。覆面審査では、20~70代の112人の審査員が各店を回り、50点満点で評価。それに、2店舗以上回った一般からの投票数を加え、順位付けして総合評価、上位6店舗が選ばれた。一般投票は昨年よりも4票増え、652票だった。

 入賞したのは、「中華そば ほんこん」(千代田町)の「ほんこんで食べたい●(=口へんに加)哩肉(カーリールー)」▽「PIZZERIA PESCA!」(六供町)の「麦豚スパイシーオーバーライス」▽「椿家本店」(元総社町)の「やわらか麦豚大根」▽「きむち屋」(元総社町)の「もちゅ煮」▽「シェ・スナガ」の(石倉町)「グリーンドーム」▽「焼肉乃上州 敷島店」(川原町)の「上州麦豚すき焼き膳」-。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ