実は太らないチョコレート 「70%超カカオ」で血圧低下効果

 チョコレートは、摩訶不思議な食べ物です。おいしいけれど太るのではというイメージ。しかし、原料のカカオには「リグニン」と呼ばれる食物繊維が多く含まれるので、小腸からの糖質吸収を阻害してくれます。カカオの脂肪分も、吸収率が悪く、体脂肪にはなりにくい、太りにくいのです。

 実は血糖値もあまり上がらないのです。私も間食にはもっぱらチョコを食べます。でも、スナック菓子、煎餅、あめなどのように決して太らないのは自ら実験済みです。

 スーパーに行く度、チョコレートの種類が増えているのには驚きます。チョコの原料になるカカオポリフェノールの健康効果が注目されているからでしょうか。なんと乳酸菌入りチョコ、糖質をオフにしたチョコレート、カカオ100%チョコなどもあるのには驚きました。少々食べただけで満足感、幸福感が得られることも他の食品にはない特徴です。

 特に70%以上の「高カカオ」がお勧めです。高カカオに多く含まれる苦味の成分「テオブロミン」には、神経を鎮静化させ、精神をリラックスさせる上、ストレスを減らす作用があるのです。また、腸管内の残留物の排出をする役割があり便秘対策にもなります。

 カカオポリフェノールには、血管壁をしなやかにし血圧を下げ、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす働きもあります。悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が活性酸素により、超悪玉化することも防ぎます。1日に板チョコ半分(25グラム)ほど食べると動脈硬化による心臓病や脳梗塞などのリスクを減らすことができそうなのです。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧