【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】「育休不倫」の宮崎謙介議員…「こんな男が議員かい」のひと言

 清原和博が哀れでならない。

 むろん、すべて本人の責任、悪いのは清原自身なのだけれど。

 『週刊文春』(2月18日号)「本誌でしか読めない逮捕までの全真相 清原和博懺悔(ざんげ)告白」11ページ。

 『週刊新潮』(2月18日号)「『清原和博』汚れたお薬手帳」9ページ。

 『週刊朝日』(2・19)「覚醒剤地獄 墜(お)ちた番長清原」6ページ。

 3誌、エピソードはかなりダブっているが、やはりいちばん充実しているのは2014年のスクープが逮捕につながった『文春』だ。

「『録音切れや!』 本誌スクープ記者恐怖の直撃体験」と題して、その時の取材で記者を恫喝(どうかつ)、ICレコーダーをへし折るシーンを再現しているが、なかなかの迫力。

 鷲田康氏(ジャーナリスト)の寄稿「『長嶋茂雄になれなかった男』の悲劇」も読ませる。

 〈「長嶋茂雄をやるのは大変なんですよ」--ミスターからこんな言葉を聞いたことがある。世の中が描き、願う「長嶋茂雄」であるために、どれほどこの男が自分を律し、努力を続けてきたのか。その重みを漏らした言葉だった。しかし、清原はその重みに耐えかねてしまった〉

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧