ネコノミクスが福を招く? たま駅長、猫島観光、ネコゲーム…

 【経済インサイド】

 三毛猫の駅長「たま」にタレント猫が出演する報道番組、スマートフォン向けゲーム「ねこあつめ」の大ヒット-。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に倣い、これら猫ブームが生み出す経済効果は「ネコノミクス」と呼ばれているんだとか。2月22日の「猫の日」を前に、ネコノミクスの経済効果を占ってみた。

 日本で最も著名な猫といえば、和歌山電鉄貴志川線貴志駅の猫駅長「たま」を思い浮かべる人が多いのではないか。廃線の瀬戸際にあった貴志川線が再建を急ぐ中、平成19年1月に売店の飼い猫から駅長へと華麗に転身したあの猫だ。

 たま効果で貴志川線は全国に知られるようになり、乗客数は17年度の192万人から26年度に227万人に増えた。たまは昨年6月に天国に旅立ち、国内外のメディアが追悼報道を行った。今は同じく三毛猫の「ニタマ」が後継駅長として奮闘している。

 猫は観光資源として活用する地域も急増している。宮城県石巻市の田代島や愛媛県大洲市の青島は猫だらけの「猫島」として脚光を浴びている。

 広島県尾道市の目玉は猫の似合う街並みだ。JTBは尾道を楽しむ1泊2日のツアーを募集中。プロのカメラマンに猫をかわいく撮影するコツを教えてもらえるという。同県が昨年、猫目線で撮影し、ストリートビューで公開した尾道の路地裏の映像も話題となった。

 猫好きをターゲットにしたビジネスはメディアにも広がっている。テレビ東京の報道番組「週刊ニュース新書」には毎週、2代目のアイドル猫「にゃーにゃ」が出演。ゲスト出演する政治家にもファンが多く、堅い内容の番組を穏やかな雰囲気にする重要な役目を担っている。ワイモバイルやYKK AP、旅行専門誌「じゃらん」のように、猫が主役を張るテレビCMも花盛りだ。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧