「那智の滝」凍る…大阪、マイナス3.5度

 日本列島は25日も強い冬型の気圧配置が続き、近畿地方では朝から厳しい冷え込みとなり、積雪も観測された。冬型は午後には次第に緩むと見込まれているが、気象庁は同日夜にかけて路面の凍結や交通機関の乱れなどへの注意を呼びかけている。

 気象庁によると、24日夜に、近畿地方の上空約1500メートルに氷点下12度以下の寒気が流入。25日は和歌山県の南紀白浜で氷点下3・7度、龍神で同8・3度の観測史上最低を記録。また大津市同4・0度▽京都市同4・1度▽大阪市同3・5度▽神戸市同4・0度-などと、各地で今季最低となった。

 和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社では同日朝、「那智の滝」が凍った。積雪も観測。滋賀県彦根市で24センチ(午前8時現在)を観測したほか、京都府舞鶴市7センチ、兵庫県の兎和野高原58センチなどとなった。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧