24日は大荒れ予報、沖縄上空で氷点下6度の寒気 交通の乱れも

 気象庁は23日、日本列島に今季最も強い寒気が入る影響で、24日は全国的に非常に風が強く、西日本(近畿、中四国、九州)や北陸を中心に大雪や暴風の大荒れになる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。交通の乱れ、雪崩、農作物の被害、水道管凍結などに注意が必要だ。

 気象庁によると、24日夜には沖縄本島付近の上空1500メートルでも氷点下6度の寒気が入る。西日本を中心に気温が平年より大幅に下回る見込みで、24日の予想最高気温は福岡市0度、鹿児島市4度。風が強く雪も降る予報だ。

 太平洋側の平野部でも大雪になる場所があり、24日午後6時まで24時間の予想降雪量は多い所で、北陸80センチ、東北、東海、中国50センチ、近畿40センチ、九州北部30センチ、四国、九州南部20センチ。

 日航と全日空では23日、羽田と九州や四国を結ぶ路線を中心に欠航が相次いだ。24日も一部の便で欠航が決まっている。JR西日本も北陸線で運行する特急列車の運転を、24日の始発から午前9時ごろまで見合わせる。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧