超ド派手…花魁姿にカラフル羽織袴 北九州の成人式、周辺・お祭り騒ぎ…式典・静粛の棲み分け

 新成人の一部が、ど派手な衣装を着ることで知られる北九州市の成人式が10日、北九州メディアドーム(同市小倉北区)で開かれた。今年もカラフルな羽織袴にリーゼントをキメた男性や、花魁(おいらん)姿の女性が会場周辺にあふれた。その「ど派手」ぶりは聞きしに勝るものだった。

 ■「目立ちたい。派手なことしたいけんね」

 式典が始まる1時間前の午前10時半ごろ。メディアドーム周辺は、“色とりどり”の若者でいっぱいだった。羽織に真っ赤な襷(たすき)、金色に輝く巨大な扇子を手にした男性の集団がいた。胸元をあらわにした花魁姿の女性の姿も目に飛び込む。

 目をこらすと、結った髪に人形を“盛った”女性もいた。聞くと、米国の有名歌手「レディー・ガガ」をイメージしたという。

 缶ビールはもちろん、焼酎や日本酒、ワインをがぶ飲みする。周辺はさながら宴会場だった。

 「コクラ(小倉)! コクラ!」「トバタ(戸畑)!トバタ!」

 出身地だろうか。市内の地名を連呼し、気勢を上げる集団もいた。マスコミのカメラマンにポーズをとりながら、撮影するよう迫る若者も多い。

 意を決して、新成人に話しかけた。

 「とにかく、目立ちたい。派手なことをしたいけんね」

 新成人の永元裕也さん(20)は、快く取材に応じてくれた。

 名前や地区が印刷された旗や、そろいの衣装代として10万円程度を用意した。「お金に余裕はないけれど、多少無理をしても、しっかりやりたい。自分たちにとって、成人式は特別なイベント」と語った。

 別の集団にカメラを向けたところ、記者自慢の口ヒゲが目にとまったらしい。「カメラのおっさんのヒゲ、茶色いぞ!」「茶色!」「茶色!」。拡声器でコールが始まってしまった。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧