南極海の調査捕鯨、12月1日に出発 クロミンククジラ333頭を捕獲予定

 水産庁は30日、南極海での調査捕鯨を行うため、調査船「日新丸」(8145トン)など4隻が、12月1日に南極海域に向けて出航すると発表した。来年3月上旬までにクロミンククジラ333頭を捕獲するなどして生態を調べる。

 同庁によると、12月1日に「勇新丸」(724トン)など船団3隻が山口県下関市の下関港を出港。洋上で母船にあたる「日新丸」と合流する。

 調査船団は約160人態勢で、同月下旬からの南極海域で調査を行う予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ