【デキる人の健康学】健康寿命は伸びるも「健康損失」は加速 日本から研究成果発信が重要

 1990年以降、世界中で平均寿命が6年以上伸び、健康寿命も5.4年伸びている反面、虚血性心疾患や肺炎、脳卒中などによる健康損失が加速していることがGBD2013で報告された。

 GBD2013とは「世界の疾病負担研究2013」の略で米国ワシントン大学健康測定評価研究所やWHOなどによる国際共同研究。報告書をまとめたワシントン大学のクリストファー・マレイ教授は、1990年から2000年の10年間でエイズやマラリアなどの感染症の罹患率と死亡率が世界的に低下し、感染症、母子保健、栄養疾患の対策に顕著な進歩が見られた結果として、世界の平均寿命が65.3歳(1990年)から71.5歳(2013年)と6.3歳、健康寿命は56.9歳(1990年)から62.3歳(2013年)と5.4歳も延伸したことを評価する。一方で心臓病や糖尿病、脳卒中、がんなどの非感性性疾患の健康損失が200年以降、加速的に増加していることに警鐘を鳴らす。

 研究チームが健康損失の度合いを疾患別に調査すると虚血性心疾患、肺炎、脳卒中、腰痛・頚部痛、交通事故が健康損失の上位5疾患を占めた。マレイ教授が健康損失をもたらしている社会経済的要因を国際比較検討した結果、感染症や母子関連疾患、栄養障害などの疾患による健康損失の50%以上がそれぞれの国の平均収入や出生率、教育期間などの社会経済的要因に影響を受けていることが分かった。

 しかし、心臓病、肺炎、肝硬変、糖尿病、泌尿器科疾患、血液疾患、内分泌疾患や不慮の事故などの非感染性疾患による健康損失に関しては社会経済的要因ではほとんど説明できなかった。研究チームはこれらの非感染性疾患による健康損失を減らすためには、更なる研究が必要であることを強調する。国別の国際比較で最も健康寿命が長かったのは日本で、2013年の男女平均の健康寿命が73.4歳に達した。高齢社会の健康損失を少しでも減らすためにも、日本からの研究成果の発信や政策提言が今後の重要なモデルとなるだろう。

白澤卓二

しらさわ・たくじ 1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。1990年より2007年まで東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダー。2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授。2015年より白澤抗加齢医学研究所所長。日本テレビ系「世界一受けたい授業」など多数の番組に出演中。著書は「100歳までボケない101の方法」など300冊を超える。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧