電磁波解析で「地球見てる宇宙人」本気探し ホーキング博士も賛同

 地球に届く電磁波の解析には、宇宙科学分野で多くの優れた人材を輩出している米カリフォルニア大バークレー校が全面協力する。全世界の900万人のボランティアも解析に加わるほか、集められた膨大な電波のデータはウェブ上で一般公開し、広く参加を呼びかけ、人類の英知を結集して、信号やメッセージなどが隠されていないかを調べる。

 ミルナー氏は「過大な期待はしていないが、これまで探してもいなかった新たな何かを発見できるかもしれない」と、意気込む。

 解析に全面協力するバークレー校で多くの太陽系外惑星を発見した著名な天文学者、ジェフリー・マーシー氏(60)は米メディアに「宇宙科学と生物学との接点は明らかに拡大している」と語り、“未知との遭遇”に期待を寄せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ