救急車を呼ばなければいけない症状、5つのポイント

 近年、救急車の出動件数・搬送人数はともに増えており、救急隊の現場到着までの時間も平均8.3分と遅くなっています。救急車は限りある資源です。救急車を安心してみんなで利用することができるよう、救急車を呼ぶべきかどうか判断に困ったときなどに、活用できる、「救急車を呼ぶべき症状」と「救急車を呼ぶ時の5つのポイント」をご紹介します。

 救急車を呼ぶべき部位別の項目は?

 I.成人の場合(15歳以上)

 1.頭

 突然の激しい頭痛。

 突然の39.0℃を超えるような発熱。

 支えなしで立てないくらいのふらつき。

 2.顔

 顔半分が動きにくい。または痺れがある。

 にっこりと笑うと口や顔の片方が歪む。

 呂律が回りにくい。うまく話すことができない。

 視野が欠損する(見え方が黒い部分があったり、見えない部分がある)

 物が突然2重に見える。

 顔色が青白く、血色が悪い。

 吐血をしている。(血を吐く)

 3.胸や背中

 突然の胸痛。

 急な息切れがある。呼吸するのが苦しい。

 胸が締め付けられるような、または圧迫されるような痛みが2~3分間以上続く。

 (糖尿病の持病がある場合、背中に痛みが出たり、肩こりが強くなるように感じたりすることもある)

 痛むが所が移動する。

 4.腹

 突然の激しい腹痛。

 持続する激しい腹痛。

 下血がある。そして量が多い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ