「せっけんキング」に聞く冬物手洗いのコツ ダウン、革…自宅でOK

 冬の防寒着をしまうシーズンはもうすぐ。クリーニング料金が比較的高めのダウンや革のジャケット、ムートンブーツなどの中にも、自宅で洗剤やせっけんを使い、手洗いで汚れを落とせるものもある。専門家に洗い方のコツなどを聞いた。(兼松康)

 ◆専用洗剤で水洗い

 ダウンを使った衣類は、洗濯表示上は「洗えない」という表示がある製品が多い。量販店などで低価格品が売られており、クリーニングに出すと購入価格の半分以上の料金がかかる場合もある。このため、おしゃれ着用洗剤を使って洗う人がいるほか、ダウン専用の洗剤も売られている。

 「せっけんキング」として雑誌などで活躍するエスケー石鹸の倉橋公二社長の洗い方は、洗濯用の固形せっけんを使い洗う方法。「自宅で洗濯する際は自己責任で。まず商品タグで洗濯方法を確認するのが必須。高級な商品なども万が一を考えれば避けたほうが賢明」としたうえで、「ダウンジャケットは比較的簡単に洗える。表面は水に強いナイロンなどが多く、羽毛も元は水鳥の羽根なので水で洗える」と話す。

 効率よく洗えるのは風呂場。10センチ程度のぬるま湯を張り、ダウン全体を沈ませた後、足で踏む。首周りや袖口、ポケット部分など汚れがひどい部分は、固形せっけんをこすりつけて洗う。頑固な汚れには洗濯用のブラシや歯ブラシなどを使う。すすぎは水が透明になれば終了。洗濯機で脱水した後、形を整えて干す。

 「セーターのように平たく干すのがコツ。乾燥機を使うと羽根がほぐれてボリューム感が戻ってくる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ