「ディスコ」に向かう50~60代 大人の恍惚、70年代再ブームの兆し

 1970年代から80年代に青春時代を過ごした世代向けのディスコイベントが増えている。ホテルや百貨店がイメージアップや顧客開拓のために開催しており、かつてディスコで踊り明かし、「格好良く遊べる場所」を求めていた中高年のニーズとも合致したようだ。(日野稚子)

 ◆主催者も驚く350人

 11月22日、百貨店、そごう横浜店(横浜市西区)2階の屋外スペースに特設された会場に約350人が集まった。薄暗いダンスフロアで輝くミラーボール。来場者の多くは50~60代だ。

 日本でディスコブームのきっかけとなった米映画「サタデー・ナイト・フィーバー」で曲が使われたKC&ザ・サンシャイン・バンドの「ザッツ・ザ・ウェイ」がかかると来場者が一斉に踊り始めた。

 その後もドゥービー・ブラザーズの「ロング・トレイン・ランニン」やクール&ザ・ギャングの「ゲット・ダウン・オン・イット」など70年代や80年代の曲で会場は盛り上がった。

 70年代に東京・新宿のディスコに通っていたという東京都練馬区の会社員、嶋本久さん(65)は「当時、好きだった曲もかかったし、来てよかった」と満足そうな様子。

 ディスコが夫婦の出会いの場だったという千葉県船橋市在住の富島秀成さん(50)と由紀さん(49)夫妻は、思い出の曲がかかると同じ振り付けのダンスを披露した。

 この日のディスコイベントは「TOKYO MX」の人気番組「Disco Train」の公開収録で、同店のオリジナルアパレルブランド「アベックモード」の販売促進策の一環。

 「本当にディスコで人が集まるのか不安だった。数日前から問い合わせが寄せられるようになり、想定以上の人が集まったので驚いた」と同店の広報担当者は語る。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧