エボラ出血熱 死者急増、4000人超す 1カ月で倍…急拡大:イザ!

2014.10.11 08:45

エボラ出血熱 死者急増、4000人超す 1カ月で倍…急拡大

 【ローマ=宮下日出男】世界保健機関(WHO、本部ジュネーブ)は10日、西アフリカで猛威を振るっているエボラ出血熱について、感染による8日時点の死者(疑い例含む)が4千人を超えたと発表した。9月5日に2千人を上回って以降、1カ月余りで倍増したことになり、感染拡大の勢いに依然歯止めがかかっていない状況だ。

 発表によると、アフリカ大陸以外での感染が初めて確認されたスペインを含む7カ国の感染者は計8399人で、このうち死者は4033人に上った。内訳はギニア778人▽リベリア2316人▽シエラレオネ930人▽ナイジェリア8人▽米国1人。

 医療従事者の感染も416人に増え、このうち死者は233人に上る。

 一方、患者の治療に関わった女性看護師が感染したスペインでは政府が10日、感染拡大防止に向けた特別委員会の設置を決定した。

 ラホイ首相は同日、女性が隔離されている病院を訪問した後で、「感染拡大の危険は低い」と強調した。この病院では女性のほか、感染の疑いが懸念されている13人も収容している。

|