呼んでないのにお坊さん4人、請求額500万円…戒名と布施のトラブル絶えず

 【葬儀社の言い分】寺、あるいは葬儀社とのコミュニケーションが取れていなかったケースだと思います。

 会社を挙げた葬儀であれば、戒名料などは1千万円を超えるようなケースもまれにはあるのが実態です。500万円だから高いと即座に決めつけられるものでもないです。(北関東の葬儀業者)

 ◆トラブル2 「生前につけた戒名は駄目?…」×「悪いことではないが、寺に連絡を」

 【遺族の言い分】父は生前、戒名をもらっていました。葬儀のときにそれを伝えると、「この戒名では駄目で、改めてつけないといけません」と言われ、50万円の布施を払わされました。仏弟子の証しとしていただくのが戒名だとすれば、おかしくありませんか? 納得がいきません。(滋賀県彦根市の女性)

 【寺の言い分】正式な戒名ではなかったとか、違う宗派の戒名だったといったケースが考えられます。生前に戒名をもらっていたことを寺が知らなかったため、話がこじれた可能性もあります。

 ただ、生前に戒名をもらうことは悪いことではありません。実際の葬儀のときは、儀式の大きさに合わせた布施を払うといいと思います。最近は「子供に負担をかけたくない」と言って、生前に戒名をもらい、葬儀の際の戒名料を事前に寺に払ってしまう人も増えています。寺と確認の文書を交わすなど、実際の葬儀のときにトラブルとならないよう予防措置をとっておくことも大事です。(東京都台東区の僧侶)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ