桂宮殿下 薨去 天皇陛下のいとこ:イザ!

2014.6.8 12:10

桂宮殿下 薨去 天皇陛下のいとこ

 三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下の第2男子で、天皇陛下のいとこにあたる桂宮(かつらのみや)宜仁(よしひと)親王殿下が8日午前10時55分、急性心不全のため東京都文京区の東京大学医学部附属病院で薨去(こうきょ)された。66歳のご生涯で、皇位継承順位は第6位だった。

 三笠宮崇(たか)仁(ひと)親王殿下の第2男子で、天皇陛下のいとこにあたる桂宮(かつらのみや)宜(よし)仁(ひと)親王殿下が8日午前10時55分、急性心不全のため東京都文京区の東京大学医学部付属病院で薨(こう)去(きょ)された。66歳のご生涯で、皇位継承順位は第6位だった。桂宮さまは昭和63年5月、お住まいの宮邸の寝室で倒れて以来、右半身が不自由となり、リハビリテーションを受けられていた。ご本葬にあたる「斂(れん)葬(そう)の儀」は約1週間後に東京都文京区の豊(と)島(しまが)岡(おか)墓地で執り行われるとみられる。桂宮さまは独身のため、桂宮家は断絶する。桂宮さまの薨去により、皇室の方々は21方となった。

 日・豪・ニュージーランド協会総裁のほか、大日本農会、大日本山林会、日本工芸会、日本漆工協会の各総裁を務められた。

関連まとめ